掃除

絶賛愛用中!お風呂掃除もとれるNo.1粉末で、身体に優しく、汚れはしっかり。

とれるNo.1が大好きな私。
1番使っている場所はお風呂だと思います。

まず、入浴剤として。


次に、シャンプーとして。

それから、お風呂掃除で。

お風呂は、お肌に直接触れる場所だから、
合成洗剤は使わないことに決めました。
やっぱり、洗い残しの汚れより、
洗い流し残しの合成洗剤の方が、
身体に悪いと感じています。

今日は、とれるNo.1シリーズを使った
お風呂掃除方法についての話です。

合成洗剤に頼らず、
とれるNo.1だけでどこまでできるか、という挑戦でもあります。

使用するもの

とれるNo.1の粉末 大さじ1/2ほどを
お茶パックに入れたもの 1つ

私は、同じものをシャンプーでも使っているので、
シャンプーで使った後のものを使用しています。
(絞ってみて、トロっとした成分が出ていれば使えます。)

とれるNO.1をシャンプーとして使う方法については、
こちらの記事にまとめています。

掃除方法

以下、場所ごとに掃除の方法を書きます。

準備しておいたお茶パックに入れたとれるNo.1の粉末を
お湯に入れて絞ると、
納豆のネバネバのようなトロっとした成分が出ます。
このトロっとした成分を主に使いますが、
これの名前がないと以後説明が面倒なので、
勝手に「とれる納豆」と呼ぶことにしました。

1.浴槽

浴槽の湯垢、皮脂汚れは、
パルスイクロスに、「とれる納豆」をつけて
軽く拭けばキレイになります。

拭いた後は、一応洗い流しますが、
「とれる納豆」が残っていても全く問題がないので、
汚れが流れる程度に軽く洗い流せば大丈夫です。

2.水栓やシャワー、鏡の水垢

水栓やシャワー、鏡についた白くて丸い水垢にも、
とれるNo.1は効果抜群です。

「とれる納豆」を指で直接、水垢部分につけて
クルクルーっと塗って、水で流せばピカピカです。

鏡などの面積が広い場所は、
手のひらでなでなですればきれいになります。
あらかじめ濡らしておくと、
「とれる納豆」は少量でもスーッと伸びます。

3.壁などの水気

壁に付いた水気はパルスイクロスでふき取ります。
汚れが気になるときは、
とれるNo.1のスプレーを噴射してから、
拭くようにしています。

もちろん、洗い流しは不要です。

4.洗面器や洗面椅子のザラザラ汚れ

取れそうで取れにくい、洗面器のザラザラ汚れも、
「とれる納豆」を付けたパルスイクロスで
軽く拭けば、つるんと仕上がります。

ちなみに、
洗面器や洗面椅子は、床に置くより、どこかに干しておきたいところ。
無印良品の洗面椅子は、備え付けのタオルバーに引っ掛けて置けます。

発見したときは、「これはいい!」と一人でにやけてしまいました。

5.排水口の中の、指が入らない溝の汚れ

排水口の中は、手が入るので、
パルスイクロスで拭くことができますが、
周りの溝には綿棒も入らず、放置していると、
2ヵ月で水垢が溜まって、オレンジ色になってしまいました。

合成洗剤でスプレーすれば取れると思いますが、
排水口の奥深くまで、
とれるNo.1の酵素でゆっくり汚れを分解しているので、
合成洗剤で酵素を殺すことはしたくありません。

そこで、
「とれる納豆」を溝の上にパックして、
しばらく放置してみることにしました。

とれるNo.1が本当に汚れを分解するのなら、
こすらなくてもきれいになるはず!

1泊でお出掛けの予定があったので、
丸48時間、パック状態で置いておきました。

48時間後、パックがカピカピに乾いていましたが、
特に何もしないで、普段通りにお風呂に入ると、
排水口にお湯が流れ、
「とれる納豆」パックはきれいに溶けて、
こんな感じに仕上がりました。

期待どおりやってくれました。
奥の綿棒や爪楊枝も入らない隙間まで、キレイになりました。

本当に、汚れを分解するんだ…。
正直、初めて目の当たりにして、感激でした。

すごく簡単だったので、また外泊することがあれば、
定期的にやろうと思います。

6.浴槽の外側カバー

我が家の浴室はLIXILです。

浴槽の外側のカバーを開けるとこんな感じになっていて、
結構水が溜まっています。

↓こちらがフタです。

カビと水垢防止のため、
週1回、カバーを開けて、中の水分を拭き取り、
とれるNo.1スプレーで拭きあげるようにしています。

カバーを開けるタイミングは、
浴室内が乾燥している朝や昼間が良いです。

入浴後すぐに開けると、
空気中に浮遊しているカビ菌が中に入り込んでしまい、
逆にカビが発生しやすくなりますので、注意してください。

 

まとめ

以上が、我が家のお風呂掃除です。

脱合成洗剤を達成し、
とれるNo.1でここまでできるんだ、と
大満足です。

 

お風呂掃除をラクにする方法はモノをなくすこと!についての記事はこちら↓です。

関連記事

  1. 掃除

    マキタ以外の掃除機にはもう戻れない。使い心地が良くて、掃除の頻度が2倍、掃除の手間が半分に。

    以前使っていた、 ティファールのスティッククリーナーが壊れてしまい…

  2. 収納

    センスがなくてもできる、手作りラベルの作り方。

    今日は、私が家中のいたるところに貼っている手作りラベルの作り方を紹…

  3. 洗濯

    食べこぼしも怖くない!服に付いた頑固な食べシミのお肌に優しい落とし方。

    もうすぐ3歳の息子。 スープも上手に食べられるようになりましたが、…

  4. 掃除

    コンロ周りのフチの隙間汚れ。隙間ガードで汚れが入り込む前に対策を。

    コンロ周りのフチの隙間汚れに、困っていませんか?いつの間にか、…

  5. 収納

    ラべリングは貼り替えが面倒?中身が変わりやすい場所でも入れ替えしやすいラべリング。

    蒸し暑くなってきました。2歳の息子は、とっくに半袖になりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 収納

    水切りカゴより水切りトレーが使いやすい。毎回ラクに洗って片付けられるから、シンク…
  2. 育児

    くつ下の名前書きには、セリアのなまえテープが便利。自由にカットできるから小さな場…
  3. 料理

    鍋でご飯を炊く!初心者でも簡単においしく炊けるビタクラフトのごはん鍋「GOHAN…
  4. 育児

    赤ちゃんの肌荒れを治す効果的な方法とは?肌断食や米ぬか入浴剤で効果を実証。
  5. 収納

    ぴったりフィット!砂埃や枯葉が溜まりがちな庭の洗面ボウルに、カバーを取り付けまし…
PAGE TOP