育児

マンション購入条件は、「2階以上」で本当に良いの?子育て中の家庭にこそ1階を選んでもらいたい。

マンションを購入する際、
まず最初の条件に、「2階以上」を挙げる方が多くいます。

1階は、セキュリティーや人目が気になる…という理由で
避けられる場合が多いです。

 

確かに、2階以上よりは、
フェンスや塀を乗り越えれば侵入できる、という点で
セキュリティー面の不安はあります。

我が家も、マンション購入検討当初は、
同じようなことが気になりました。

 

でも、侵入を計画する側の立場で考えてみるとどうでしょう。

周りに塀すらない一戸建てがある中で、
道路に面しているマンションの塀をよじ登るという、
目立つ選択をするでしょうか。

窓を閉め忘れた一戸建てにこっそりお邪魔するほうが
断然楽ですよね。

 

そう考えると、1階のセキュリティー面は、
さほど気にならなくなりました。

 

また、道路からの人目については、
きちんと対策をすることである程度防ぐことができます。

 

そして何よりも、
実際に1階に住んでみると、
1階にしかない魅力が非常に強く、
セキュリティーや人目のことを払しょくしてくれるほどでした。

 

我が家は、今年マンションの買い替えを行いましたが、
前のマンションで1階の魅力を知ったので、
今のマンションも迷わず1階を購入です。

1階の魅力のうち、
忘れ物をしたとき楽、
郵便やゴミ捨て場が近い、などの、
2階でも多少共有できる魅力もありますが、

今日は、1階の特権である専用庭の魅力を紹介します。

 

1階の最大の魅力は専用庭

我が家が、1階を選んだ理由は、
部屋がエントランスに近いからでも、
値段が安いからでもありません。

1階の住戸には、専用庭が付いているからです。

 

どんなタイプの1階でも良いのではなく、
庭付きの1階を選ぶことをおすすめします。

 

我が家の専用庭の使い方

2歳の息子がいる子育て世代の我が家。
今、もし庭のない家に住んでいたら、やっていけない…
と思うほど、家族みんなで、専用庭のヘビーユーザーです。

我が家の庭はこんな感じ

平日の保育園から帰って、夕ご飯までの時間や
土日の昼寝後から、夕ご飯までの時間に、
よくお庭で遊んでいます。

走り回ったり、ボールで遊ぶときもあれば、
ブロックやミニカー、電車など、
家の中で遊ぶおもちゃを
芝生に並べて遊んでいることもあります。

一日中、保育園で遊んでも、
まだ体力の有り余っている男の子なので、
元気に走り回れる場所が家にあるのは、
とても助かります。

庭のメリット

公園に連れて行かなくても済む
塀で囲まれているので、安心
必要最低限のモノしか置いていないので、安全
家事をしながら、見れる
リビングの延長として使える

デメリット

お手入れが大変

お手入れが大変な庭ですが、
我が家では、お手入れがいらないように対策しています。

お手入れがいらない対策を

きれいな庭は、遊びやすくて気持ちが良いですが、
芝生であれ、土の庭であれ、
夏には雑草が生えます。

一度荒れてしまうと、収拾がつかなくなってしまうので、
お手入れがいらないように対策することをおすすめします。

 

我が家は、雑草対策で、防草シートを敷き、
その上に遊びやすいように、人工芝を敷きました。

目隠し対策では、
腐りにくいウリンを柱に使うことで、
塗装などの手入れや、腐ったときの交換をできるだけ少なくしました。

タイル部分は、土足禁止にしています。
そうすることで、
タイルの上は、掃除機で掃除できるようになりました。

掃除機は、マキタの掃除機を使い、先端のノズルブラシだけ
付け換えて、外用にしています。

 

 

これだけ、厳重にすると、
人工芝やウッドフェンスなど、
もちろんそれなりにコストがかかってきますが、
マンションの価格差を庭の手入れに充てたと考えています。

1階はマイナスイメージが強いので、
2階と比較しても100万近く値段が安くなります。
もっと高層階と比べると、値段差はどんどん大きくなります。

その差額の一部で、庭を完成させれば、
家は安く購入できて、遊べる庭を手に入れて、
財布にも家族にも優しい選択なのではないかと私は思います。

もちろん日々のちょっとしたお手入れは必要

お気に入りの庭を維持するために
週に1回、息子と旦那が遊んでいる隣で掃除するようにしています。

バルコニー部分は、掃除機をかけていても砂埃が付くので、
雑巾がけしています。
芝生は、落ち葉を拾って、
芝の目に沿って、水拭きします。

一応、バルコニーは土足禁止、
芝生は土足、というルールにしたのですが、
芝生もそんなに汚れていないので、
全て靴下で遊んで、
部屋に入るときに靴下を脱ぐことにしています。

我が家は、スリッパの代わりに靴下を使うことにしているので、
部屋用靴下を大量にストックしているので、
汚れたら何回でも履き替えて、部屋が汚れない仕組みにしています。

まとめ

最初の条件で候補から外してしまいがちな1階ですが、
そのマイナスイメージから、
良い物件の1階だけはまだ残っている、という場合も多いです。

もし、庭がついている1階なら、
一度候補に挙げてみても良いかもしれません。

関連記事

  1. 育児

    1歳からガラスのコップデビューを。小さなおててには、「つよいこグラス」がおすすめです。

    息子の通う保育園では、 モンテッソーリ教育を取り入れています。…

  2. 育児

    どんどん増えて困っていたプラレールの収納を見直し。すっきり片付きました。

    無印良品のスタッキングシェルフを 5マス×2段 → 5マス×3段 …

  3. 育児

    なるべく子どもにスマホで動画を見せたくない。そんなママに、テレビ画面でYouTubeはどうですか?

    育児をしながら、家事もしないといけないとき、 良くないと思いつつも…

  4. 育児

    三輪車はピープルのチェーン式がおすすめ!一般的な三輪車とどこが違う?

    だんだん暖かくなってきました。 お散歩が楽しい季節が近づいています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 健康

    お肌に優しい入浴剤。身体の汚れを落としながら、保湿もできる『とれるNO.1』がお…
  2. 育児

    マンション購入条件は、「2階以上」で本当に良いの?子育て中の家庭にこそ1階を選ん…
  3. 洗濯

    食べこぼしも怖くない!服に付いた頑固な食べシミのお肌に優しい落とし方。
  4. 収納

    ぐちゃぐちゃになった文房具を整理整頓。収納場所の底に貼るラべリングで、元の場所へ…
  5. 料理

    鉄フライパンの油返しに便利なオイルポット。小さめ、注ぎやすい、洗いやすい、液だれ…
PAGE TOP