洗濯

タオルをふわふわにするには、乾燥機しかない!ちょっとした工夫で乾燥機の電気代を安くする方法。

ゴワゴワのタオルより、ふわふわのタオルが好きですか?
少なくとも、このページを読んでいる人は、ふわふわのタオルが好きな人だと思います。

私も、ふわふわのタオルが好きです。
自分だけでなく、2歳の息子の身体を拭いているとき、ゴワゴワのタオルだと、なんだか申し訳ない気持ちになります。


では、タオルをふわふわにするには、
どうしたら良いのでしょうか?

タオルがゴワゴワになる原因は、
タオルのパイルという糸の輪っかが倒れてしまうこと
タオルの水分が奪われ過ぎてカラカラになることにあります。

そこで、
パイルを起こすために干すときにバタバタ振ったり、
カラカラになるまで干さないよう、夜干して朝取り込んだりしましたが、
効果はそれほどありませんでした。
(若干はマシになります。)

 

やはり、乾燥機しかないようです。

乾燥機は、
タオルをクルクル回すので、パイルをふんわり起こし、
タオルに必要な水分を残して仕上げます。

以前から、
タオルをふわふわにするには乾燥機が良い、というのは知っていましたが、
実際にやってみると、他の方法とは比べ物にならないくらい効果大でした。

 

でも、あえて、他の方法をいろいろ試していたのには、理由があります。

乾燥機は、電気代がかかるんです。

なにも考えずに、乾燥機を回していたら、最初は、とんでもない金額の請求が来ました。

でも、まだ諦めるのは早いです。

ちょっとの工夫で、電気代は安くなります。

今日は、ふわふわのタオルを使いたい人へ、乾燥機の電気代を安くする方法の紹介です。

 

乾燥機の電気代を安くする方法

乾燥機の電気代を安くするためには、

  • 電気消費量を減らす
  • 乾燥時間を短くする
  • 電気代の単価を安くする

の3つのアプローチがあります。

それぞれみていきます。

電力消費量を減らす

乾燥機の消費電力は、乾燥方法によって異なります。

主な方法は、以下の2種類です。

  • ヒーター乾燥
  • ヒートポンプ乾燥

ヒーター乾燥は、電気を熱に変えてドライヤーのように高温の風を当てて乾かします。乾燥途中でドアの開閉はできず、高温で乾燥するので、衣類が縮みやすくなります。
一方、ヒートポンプ乾燥は、空気中から熱を集めて、集まった温風で乾燥します。温度が低いので、途中でドアの開閉が可能で、衣類が縮みにくいメリットがあります。

ヒートポンプ乾燥は、省エネで、電気代はヒーター乾燥の約1/3に抑えられます。

洗濯機は、壊れることがない限り買い替えることはないと思うので、
今後、買い替える機会があれば、ヒートポンプ乾燥の洗濯機を選ぶと、電気代を安くすることができます。

 

乾燥時間を短くする

どんな乾燥方法でも、乾燥時間を短くすれば、
電気代は安くなります。

乾燥時間を短くする方法は、
乾燥する量を減らす
乾いたバスタオルを入れる
乾燥フィルタを掃除する
の3種類です。

順番にみていきます。

①乾燥する量を減らす

我が家のドラム式乾燥機能付き洗濯機は、
乾燥する衣類の重量によって、
乾燥時間を自動で決定します。

ですので、
1回の乾燥だとしても、量が少ないほうが乾燥時間が減るので、
乾燥機で乾かすのは、タオルだけにするようにしています。

②乾いたバスタオルを入れる

乾いたバスタオルを入れると、
乾燥機内の湿気を吸収してくれるので、
乾燥時間が2/3ほどになるそうです。

本当なの?

半信半疑だったので、実験してみました。

濡れたタオルだけを乾燥した場合と、
前者と同じ数のタオルに乾いたバスタオルを1枚加えて乾燥した場合を
比較しました。

どちらも、スタートしてから30分おきに仕上がりをチェックしました。

結果、仕上がりまでの時間は、
濡れたタオルだけの場合・・・約3.5時間
乾いたタオルを追加した場合・・・約2時間
でした。

2/3以下になりました。
これは、かなり乾燥時間を減らせることが分かりました。

 

③乾燥フィルタを掃除する

乾燥機は、乾燥フィルタから、湿った空気を排出することで、
乾燥機内の湿気を逃がします。

ですので、実は、
乾燥フィルタの詰まりは、乾燥時間に大きく影響します。

ちなみに、乾燥フィルタと洗濯排水溝フィルタは別なので、注意してください。

以前、乾燥フィルタの場所が分からず、
ずっと放置していて、かなり詰まっていたことがありました。
そのとき、1回の念入り乾燥では乾かず、終わってからもう一回乾燥していました。
「全然乾かない、乾燥機ってダメだな…」なんて思っていましたが、
フィルタを掃除すると、標準モード1回でしっかり乾くようになりました。

 

タオルなど、毛量の多いものを乾燥すると、
すぐにフィルターに分厚く毛くずが溜まるので、毎回掃除したほうが、ベストな乾燥ができると思います。

 

電気代の単価を安くする

乾燥時間が同じでも、
電気代の単価が安くなれば、かかる電気代はぐーんと安くなります。

我が家の場合は、共働きなので、
昼間は家に誰もいなくて、主に、夜、電気を使います。

ですので、電気の契約は、昼間割高、夜間格安のプランにしています。

夜間は、昼間の1/3以下の単価です。
我が家の場合は、
昼間は平均約27円/kW
夜間は約10円/kWなので、
乾燥機1回(3h)あたりの電気代は、

昼間は93円、夜間だと35円になります。

<電気代の計算方法>
乾燥機1回あたりの電気代=消費電力(w)× 時間(h)÷ 1,000 × 単価(円/kW)

1ヵ月、毎日回したとすると、
昼間の場合は 2,790円、夜間だと1,050円になります。

夜間に回した方が、1,740円お得なので、タオルの乾燥は23時以降スタートと決めています。(夜間料金は23時~7時です。)

 

乾燥方法が変えられなかったり、乾燥時間を減らせなくても、
乾燥機を回す時間帯だけを変えるだけで、
大幅に電気代が減らせる可能性がありますので、ぜひ、電気料金の契約を確認してみてください。

 

まとめ

<乾燥機の電気代を減らす方法>
・電力消費量を減らす
 →ヒートポンプ式が省エネ

・乾燥時間を短くする
 ①乾燥する量を減らす
 ②乾いたバスタオルを入れる
 ③乾燥フィルタを掃除する

・電気代の単価を安くする
 →単価の安い時間帯に乾燥機を回す

 

いかがでしたか?
全てを実践すれば、かなり電気代は安くなると思います。

関連記事

  1. 洗濯

    アイロンがけの面倒くさいはアイロン台で解消できる!衣類が素早く伸びるおすすめのアイロン台。

    アイロンがけは、家事の中でも、 面倒で、時間のかかる作業の1つでは…

  2. 洗濯

    布巾が真っ白!バスタオルの生乾き臭ともお別れできる、煮洗いのやり方。

    台拭きやバスタオルの嫌な臭いに困っていませんか?一度ついてしま…

  3. 衣服

    家族お揃いで着られる部屋着は無印良品で!無印良品のオーガニックコットンシリーズをおすすめする理由。

    シンプルライフを目指すなら、 毎日着る部屋着(我が家はパジャマ兼用…

  4. 収納

    洗いやすい。最後まで使える。おすすめのシャンプーボトルはこれ!

    シャンプーボトルは、どんなものを使っていますか?やはり、定…

  5. 収納

    袋のサイズがわかりやすい!並べて収納しやすいビニール袋の四角い畳み方。

    ビニール袋はどうやって畳んでいますか?私は、そもそもビニール袋を畳…

  6. 掃除

    絶賛愛用中!お風呂掃除もとれるNo.1粉末で、身体に優しく、汚れはしっかり。

    とれるNo.1が大好きな私。1番使っている場所はお風呂だと思います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 育児

    たった一度のファーストシューズ。とっておきの一足は、革製手作りベビーシューズのチ…
  2. 掃除

    台所スポンジの断捨離でシンクがすっきり!クロススポンジでいつでもキレイをキープし…
  3. 健康

    自宅で簡単に作れる!殺菌力が高くて、飲んでも安全なマウスウォッシュの作り方。
  4. 洗濯

    臭すぎる!梅雨の湿気と汗による衣類の生乾き臭をしっかり落とすには煮洗いがおすすめ…
  5. 収納

    ハンガーに掛けてもニットが伸びない!どんなニット類でも、伸びずにしっかりとハンガ…
PAGE TOP